東武トップツアーズ株式会社
魅力ある感動のクルーズ旅行をスペシャリストがご案内いたします。

050-8890-0845

トップ > マナーとルール

マナーとルール

大勢のお客さまが一緒におすごしになるクルーズでは、 お守りいただきたいマナーとルールがございます。 ひとりひとりが素敵なクルーズライフをお楽しみいただけますよう、 ご協力お願いいたします。

ドレスコードを守りましょう

ドレスコード(服装指定)は、お客様ひとりひとりが、その夜にふさわしいおしゃれで船内の雰囲気を盛り上げるものです。 ご夕食以降に客室から出られる際にはその日のドレスコードを必ずお守りください。

カジュアル
【男性】

襟付きのシャツとスラックス。
ネクタイは必要ありません。Tシャツ、短パンは不可。

【女性】

軽いワンピースやデザイン性のあるブラウスとスカート、スラックスなど。


インフォーマル
【男性】

ジャケットとネクタイに同色またはコンビのスラックスを合わせて。

【女性】

カクテルドレスやドレッシーなワンピースやスーツ、着物なら小紋など。シンプルな服装にはスカーフなどでちょっとしたアクセントを。


フォーマル
【男性】

タキシードやディナージャケットとタイ、なければダークスーツを。
略礼服は不向きです。

【女性】

イブニングやカクテルドレス、着物なら訪問着など。思い切って華やかなアクセサリーを組み合わせて。


ページトップへ戻る

廊下ではお静かに

パブリックエリアでは他のお客様のご迷惑となるような大声での会話や、 走ったりされないようお心がけください。 特に客室前の廊下ではご注意ください。 またドアの開閉音にもご配慮ください。

ページトップへ戻る

パジャマ・スリッパは客室で

「クルーズ」という言葉で連想されるのが「豪華」。 さらに「タキシード」→「イブニングドレス」→「ベルサイユ宮殿の夜会のような華麗なパーティー」・・・。
船の旅は、貴族階級のステータスシンボルだった夜会や映画に登場する昔の豪華客船のワンシーンを連想させがち。 実は、こんな連想ゲームがクルーズへの乗船を躊躇させているようでもある。 ・・・現実はカジュアルで、リラックスした雰囲気なのだが。
服装によってキャプテンから下船を命じられることはあり得ない。 お客様相互で楽しい雰囲気を創りだすレジャー、リゾート、社交の場なので、 どんな服装であろうと、エチケット違反にならない程度、TPOに則したファッションならば、特に神経をとがらせることもない。 それよりも、ファッションを楽しむ場所として、特に女性にはクルーズをお薦めしたいもの。
クルージング中の服装は昼間はカジュアル、スポーティータイプで十分。 夕方から就寝までの夜間はディナーや船長主催パーティーなどが開かれてドレス・コードが設定される。 ドレス・コードは前日、キャビンに届けられる船内新聞で案内される。ドレス・コードは「フォーマル」、 「セミフォーマル(インフォーマル)」、「カジュアル」の3タイプ。一応の目安をご紹介しておこう。

ページトップへ戻る

ドアの開閉は慎重に

ドアの開閉の際には、船の揺れなどによりバランスを崩し指を挟まないよう十分お気をつけください。 強風の日には思わぬ突風が舞い込むことがございますのでご注意ください。

ページトップへ戻る

携帯電話は所定の場所で

パブリックスペースでの携帯電話のご使用は、他のお客様のご迷惑となりますので電源をお切りください。 なお、ご使用の際は、6デッキのテレフォンブース付近、オープンデッキおよびご自分の客室内でお願いします。

ページトップへ戻る

美しい海を大切に

クルーズ中、停泊中を問わず、デッキやベランダなどから、 海へゴミやものを投げたり捨てたりなさらないようお願いいたします。 ゴミは所定のゴミ箱へお捨てください。

ページトップへ戻る

小笠原特集 Xmasナイトクルージング2018 プリンセス・クルーズ2018 にっぽん丸
旅行券プレゼントキャンペーン
クルーズ説明会情報

{literal} {/literal}