東武トップツアーズ株式会社
魅力ある感動のクルーズ旅行をスペシャリストがご案内いたします。

050-8890-0845

トップ > クルーズ5大質問

クルーズ5大質問

船酔いや体調が気になる、船内での過ごし方は?どんな服装にすればいいの?初めてのクルーズ旅行は不安なもの。こちらでは、クルーズの旅でよくある5大質問にお答えいたします。その他、Q&Aにおいても様々なご質問にお答えしております。

1.船酔いが心配?

揺れなくなったクルーズ客船

とはいえ、現在のクルーズ客船は横揺れをコンピューターで制御するフィン・スタビライザーが完備されており、 時化(しけ)にでも遭遇しない限り大きく揺れることはない。フィン・スタビライザーは、船の側面から魚のヒレのように海中に 張り出した翼で、横揺れを防止する画期的な装置。 日本人の発明によるもので、フィンによって生じる揚力を利用して船の安定性を保つ。 ほとんどのクルーズ客船には完備されている。
また、縦揺れについては船の大型化が波動を吸収して、揺れを少なくするので大きな船に乗るのも船酔いから遠ざかるための一案でもある。
こうした横揺れ防止装置の完備や大型化によって、大きな揺れを感じさせない航海が普通になってきた。 ワインを注いだグラスはピクリとも動かず、動いているのも感じさせないほど揺れの少ない航海が多くなっている。


代表的な船酔い対策

  • 船内(パーサーズ・オフィスなど)に常備されている船酔い防止薬をキープしておく。
  • クルーズ・ドクターを訪ねる。
  • 遠くを眺める。大空や水平線を眺める。
  • 適量なアルコール飲料の力を借りて、眼を閉じて安静にするか、眠ってしまう。

ページトップへ戻る

2.退屈しませんか?

手紙を1枚も書かなかった毎日

「クルーズは毎日が海の上。限られた場所で変化が少ない。もう退屈してしまう・・・・・。」 これは乗船前の多くの人の心配ごと。さらに、「そこそこの料金を支払った上に退屈するのはもったいない」という 損得勘定が働いているのかもしれない。
結論を言えば「退屈」はまったくの偏見。陸の上の偏見。
「退屈するから・・・」と分厚い推理小説を持ち込んで1ページも開かなかったり、 手紙を1枚も書かなかったというのがクルーズの日常だ。 何ら珍しい話ではない。むしろ、退屈する時間を創りだすことのほうが難しいといえるだろう。

終日、お楽しみイベントがいっぱい
船内施設を使いこなしているうちに下船
「退屈」こそが快適になる癒し効果

洋上のゆるやかな時の流れも「退屈」を解消してくれる。大空と航跡を眺め、波の音を聴いているうちに、 実は何もしないことがこの上ない快適さになってくるもの。陸上での煩わしさや些細な事柄が考えられなくなって、 スローライフの豊かさが実感できるというもの。 さわやかに揺れる「揺りカゴ効果」の癒し作用もあって、五体五感ともに乗船前の退屈への不安を解消してしまうはずである。

ページトップへ戻る

3.どんな服装で…?

クルーズで装いを楽しむ

「クルーズ」という言葉で連想されるのが「豪華」。 さらに「タキシード」→「イブニングドレス」→「ベルサイユ宮殿の夜会のような華麗なパーティー」・・・。
船の旅は、貴族階級のステータスシンボルだった夜会や映画に登場する昔の豪華客船のワンシーンを連想させがち。 実は、こんな連想ゲームがクルーズへの乗船を躊躇させているようでもある。 ・・・現実はカジュアルで、リラックスした雰囲気なのだが。
服装によってキャプテンから下船を命じられることはあり得ない。 お客様相互で楽しい雰囲気を創りだすレジャー、リゾート、社交の場なので、 どんな服装であろうと、エチケット違反にならない程度、TPOに則したファッションならば、特に神経をとがらせることもない。 それよりも、ファッションを楽しむ場所として、特に女性にはクルーズをお薦めしたいもの。
クルージング中の服装は昼間はカジュアル、スポーティータイプで十分。 夕方から就寝までの夜間はディナーや船長主催パーティーなどが開かれてドレス・コードが設定される。 ドレス・コードは前日、キャビンに届けられる船内新聞で案内される。ドレス・コードは「フォーマル」、 「セミフォーマル(インフォーマル)」、「カジュアル」の3タイプ。一応の目安をご紹介しておこう。

カジュアル
【男性】

襟付きのシャツとスラックス。
ネクタイは必要ありません。Tシャツ、短パンは不可。

【女性】

軽いワンピースやデザイン性のあるブラウスとスカート、スラックスなど。


インフォーマル
【男性】

ジャケットとネクタイに同色またはコンビのスラックスを合わせて。

【女性】

カクテルドレスやドレッシーなワンピースやスーツ、着物なら小紋など。シンプルな服装にはスカーフなどでちょっとしたアクセントを。


フォーマル
【男性】

タキシードやディナージャケットとタイ、なければダークスーツを。
略礼服は不向きです。

【女性】

イブニングやカクテルドレス、着物なら訪問着など。思い切って華やかなアクセサリーを組み合わせて。


ページトップへ戻る

4.船に「等級」はあるのか?

違いはキャビンだけのモノ・クラス

「ルーズ客船に等級があるんですか?」。・・・・「船酔い」、「退屈」、「服装」などとならぶ"古典的"な質問の一つである。 結論からいえば、等級はない。世界のクルーズ客船はすべてモノ・クラス。航空機のような等級はない。
ただし、キャビンにはグレード(カテゴリー)がある。 でも、これは等級ではない。キャビンの差であって、キャビン以外のパブリックスペースは誰もが自由に行き来できて、 いっさい差別なく、自由に使える。ホテルと同様である。


ページトップへ戻る

クルーズは高額な旅?

クルーズ料金の内訳※クルーズ旅行に含まれるもの
  • 運賃(自宅~海・空港間の交通費は含まない)
  • 宿泊費
  • 食事代(1日3食/スナック/ミッドナイト・ブッフェ)
  • パーティー参加費
  • エンターテインメント費(ライブショー、映画など)
  • カルチャー教室受講料
  • ダンス教室受講料
  • スポーツ・ファシリティー利用料(フィットネスジム、プールなど)

ロング・クルーズになると1日当たりのクルーズ料金は低減される。

クルーズの現代的価値

健康・ウェルネス、癒し、スローライフ、自然、大空間、人間性回復、安全、選択、自由、愛情確認、 心の触れ合い、共生・・・・現代社会が求めているキーワードがクルーズという時間と空間のなかにあふれていることが、 クルーズの大きな社会的な価値である。

ページトップへ戻る

小笠原特集 Xmasナイトクルージング2018 プリンセス・クルーズ2018 にっぽん丸
旅行券プレゼントキャンペーン
クルーズ説明会情報

{literal} {/literal}