東武トップツアーズ株式会社トラベルサロン
魅力ある感動のクルーズ旅行をスペシャリストがご案内いたします。

03-3349-8737

トップ > よくあるご質問とその回答

よくあるご質問とその回答

クルーズの費用は?

クルーズ代金には、移動、宿泊、食事、船内のエンターテイメント代、施設の利用費用が含まれています。
寄港地での観光(オプショナルツアー)やアルコール代、ランドリー、電話のような個人的な費用は含まれていません。
また、海外クルーズでは入港税、チップ、クルーズ前後の航空運賃や宿泊代も別途必要になります。

クルーズ以外の手配もできますか?

クルーズ以外の航空券、ホテル、送迎、ガイド、旅行傷害保険などの手配も行っております。
ご要望にあったコースをご提案致します。

クルーズ代金の支払い方法は?

申し込み後に予約金を支払って正式予約となります。予約金はクルーズ期間や総費用により異なりますが、クルーズ料金の約10~30%が目安です。
残金は規定の日まで払い込む必要があり、キャンセル料は外国船やロングクルーズによっては90日前からかかることもあります。また外国船の場合、日本の国内法より早くキャンセル期日が来るために「キャンセル保険」が付保されるようになりました。

外国語に不安があるのですが?

客船の場合は乗組員が日本人でなくても誰もがフレンドリーなので、すぐに打ちとけることができます。 片言の英語でも伝えたいことは伝わります。外国船でも日本人乗客の多い船では、日本人スタッフが乗船しているコースもございます。

クルーズに必要な服装は?

基本的にはくつろげる服装が一番です。ただし、クルーズには「ドレスコード」といって、夕方から就寝までの時間帯に適用される服装の規定があります。大きく分けてカジュアル、セミフォーマル(インフォーマル)、フォーマルの3タイプです。

カジュアル

シャツやスラックス、スカートなど。日中は短パンでも構いませんが、夕刻は襟のあるシャツに長ズボンといったラフになりすぎない服装に

セミフォーマル

男性はブレザー、スーツ、ジャケットにネクタイを着用。女性はワンピース、カクテルドレス、パンツスーツなど。

フォーマル

男性はタキシード、ディナージャケット、ダークスーツにネクタイ。ドレスシャツにカマーベルトなど。女性はイブニングドレスやカクテルドレス、着物など。

キャビン・カテゴリーとは?どれがおすすめ?

客室の広さや位置の違いを表しています。カテゴリーの呼び方は客船によって異なりますが、高い方からスイート、セミスイート、デラックス、ステートルームなどのように表現され、海側か内側か、バルコニー・バスタブの有無、何階のデッキかなどでクラスが分かれています。 料金の高いキャビンは広いだけでなく、窓も大きく、ベランダがある場合があります。
ベランダがあると、外気に直接触れながら旅ができるというメリットもあります。
船内施設を楽しむ為に、キャビンは寝るためだけに帰ると割り切って、安いキャビンで旅をするという方もリピーターもいらっしゃいます。基本的にクルーズ代金の差は、キャビン(客室)の広さと位置の違いで設定されています。
船内施設の利用や他のサービスに違いはありません。

どの客船が良いのでしょうか?

クルーズ客船は、大きさ、施設、船内装飾などそれぞれの客船によって独特の個性があります。
大きさにより乗客定員が異なりますし、それに伴って船員の数も違ってきます。
乗客一人あたりの広さであるとか、乗客一人あたりの乗員の割合など、比較する指数もいろいろあります。
また、船によって乗客へのサービスの仕方にも特徴が現れています。一般的に、新しくて大きな船に大衆的な船が多い傾向にあります。
こういう船は船内にアイススケート・リンクを持つというように派手な設備を持っている、 ラスベガスのように楽しめる船です。逆に本当にいい船というのは、小さめであることが多く、乗船客も少ないし、料金も高めになりますが、痒いところに手が届くサービスをしてくれ落ち着いたクルーズが期待できます。 賑やかなクルーズが良ければ大型船、落ち着いたクルーズなら小型船がお勧めです。

カジュアルクラス

1日当たり1万円前後のクルーズ。日数は3~7日間ほど。
乗客定員は2,000人を超す、7~15万総トンの大型船が多い。

プレミアムクラス

1日当たり2万円を超すクルーズ。日数は4日~2週間前後。
乗客定員は500-1,000人、3~5万トンの船が多い。

ラグジュアリークラス

ワールド・クルーズなど日数は2週間~3ヶ月以上に及び、1日当たり4万円を超す高級クルーズ。
乗組員1人当たりの乗船客数は2人以下。5万総トン級の船も少なくない。

ダイニングリクエストとは何ですか?

メインダイニングでの席をあらかじめリクエストするクルーズ独特のシステムで、「テーブルアサイン」とも言います。とくに大型船では大勢の乗客船に温かい食事を提供するため、2回に分けて食事時間を設定し、乗船客の希望により前半か後半かの選択ができるのが原則です。客船によって異なりますが、例えば早い時間のファースト・シーティングを選ぶと18時半、セカンド・シーティングなら20時半スタートになります。

船内でタバコは吸えますか?

ご指定の場所で喫煙できます。
ダイニングルーム、シアターなどの公共の場所では禁煙となります。
船会社によっては客室、バルコニー、ラウンジの指定のコーナーにて喫煙が可能です。お申込みの際にご相談下さい。

寄港地では観光を申し込まなければいけないのですか?

寄港地では船会社が主催しております、寄港地観光(ショアエクスカーション)に参加しお楽しみいただけますが、 ツアーに参加しなくても、ご自身で街を散策することも可能です。
船内に寄港地観光デスク(ショアエクスカーションデスク)では各寄港地にてお客様に有意義な時間を過ごして頂くため、寄港地観光(有料)をご用意しております。もちろん船内でおくつろぎいただいくことも可能です。

チップはどのように渡したら?

国内船はノーチップ制です。

船上の支払い方法は?

船上でアルコールを飲んだり、寄港地観光に申し込み、個人的な出費をした時は、乗船証を提示してサインをするだけでOKです。乗船後、レセプションでクレジットカードを登録すると、下船前日に請求書の金額を確かめるだけで、現金での支払は必要ござません。

ページトップへ戻る


{literal} {/literal}